こんなにすごい!精密機械の社会での活躍

>

機械について知ってみよう

生産効率の向上を実現

精密機械の導入は事業者にとって、コストやムダを最小限に抑え、効率的に財やサービスを生み出す強い味方になっています。これまでそれほど精密機械に頼ることのなかった産業でも革新的な取り組みが始まっていますし、すでに機械化に尽力してきた産業においても、新しい技術が積極的に受け入れられています。

たとえば、これまで人件費の削減や効率化のために工場の海外移転を多く行なってきた製造業では、海外移転に代わって、製造設備・機械といった生産過程の自動化を押し進めているといいます。

これにより、ムダな工程を大幅になくし、時間あたりの生産数や生産効率を大きく向上させることができるといいます。また、精密かつ高度な最新技術を備えた機械がつくる製品は、その品質という点でも統一のとれたものになっていきます。このように製造業では、精密機械を導入して生産自動化をはかることで、多くのメリットが事業者にもたらされています。

新たに生まれる雇用

一方、このような高度な技術の導入や生産自動化によって、これまで必要とされてきた人員が必要なくなり、雇用が減るのではないか、という懸念を覚える方もいらっしゃるかと思います。

しかし実際には、機械の整備や操作、管理を行う作業者が必要になるため、たとえある部分では機械が人の代わりとなったとしても、その分、新たな雇用が生まれることが明らかになっています。また、個々の工程が自動化された分、全体の工程管理に多くの人的リソースが投入されるようになるでしょう。

製造業における精密機械の導入は、事業者にとっては生産性の向上という形で大きなメリットになります。同時に、そのことで事業そのものが拡大したり、業界がより成長することになれば、雇用の機会もまた増大するでしょう。その点では、精密機械がもたらす生産性向上は働く人にとってもメリットがあるといえそうです。


この記事をシェアする
▲ PageTop