こんなにすごい!精密機械の社会での活躍

>

精密機械は医療と教育を変える

人々の健康に寄与

精密機械は医療や健康の分野でも、大きな力を発揮しています。実例は本当にたくさんあるかと思いますが、具体例としてはたとえば、日々の健康管理に大きく貢献してくれるスマートウォッチや、特定の疾患予防に対応したアプリなどが挙げられます。

さらに、精密機械は診察や治療のあり方などにも大きな変化をもたらしています。たとえば、現在IoT(モノのインターネット)などを活用し、自宅にいながらテレビなどの媒体を通じて高度な診察を受けられる技術の開発なども進んでいます。

これは、バイタルセンサーなどの医療機器と普通の自宅用テレビを連携させて、自宅にいながら遠方の病院から「見守ってもらっている」状態をつくりだす、というような画期的なものです。

教育も大きく変化

IoTといえば、教育の領域でも大活躍しています。精密機械の発達によって、かつてはできなかった多くのことが可能となり、成長期の子どもたちにさまざまなチャンスがもたらされています。

英国では、公共放送局が主体となって開発した多機能マイコンボードを児童らに配布し、初等教育で活用しているといいます。このマイコンボードは、Bluetooth Low Energy(低電力消費のBluetooth)と、ボタンスイッチ、光センサー、温度センサーなど教育に役立ついろいろな機能が搭載された端末です。現在、このマイコンボードは英国以外でも導入され、教育現場で活用されているとのことです。

さて、精密機械の社会貢献度の高さについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?もしお読みいただいて少しでも役立ったり、ためになった部分がありましたら、大変喜ばしい限りです。


この記事をシェアする
▲ PageTop